お名前.comのjpドメインの登録者情報を非表示にするために、エックスドメインに移管する。

スポンサーリンク
ドメイン サービス
ドメイン

お名前.comのjpドメインのWhois情報公開代行

お名前.comのjpドメインは、Whois情報公開代行を設定しても登録者名は変わらず、自分が設定した名前(本名なら本名)がそのまま表示されてしまう。

【ドメイン】Whois情報は必ず開示しなきゃならないの?そもそもWhois情報って何?|ヘルプサポート | ドメイン取るならお名前.com
国内最大級のドメイン登録サービス「お名前.com」のヘルプページでは、ドメインやサーバーのご利用方法について、よくあるご質問・ご利用ガイドをご案内しております。
汎用JPドメインWhois情報公開代行の見本|ドメイン取るならお名前.com
汎用JPドメインに対してWhois情報公開代行を設定した場合のWhois情報の見本を表示しております。

jpドメインをWhois照会すると取得できる情報の詳細は、JPRS のこのページが詳しい。

JPドメイン名登録情報の公開 | JPドメイン名のルール | JPドメイン名について | JPRS
JPドメイン名登録情報の公開 / JPRS

で、JPRS のこのページには登録者情報を非表示設定することができるとある。

Whois登録者情報非表示設定 | JPドメイン名登録情報の公開 | JPドメイン名のルール | JPドメイン名について | JPRS
Whois登録者情報非表示設定 / JPRS

でも、お名前.comではその設定ができない。

ので、Whois情報公開代行を設定しても登録者名はそのまま表示されてしまう。

実名公開しながらやってれば何も問題ないけど。

このご時世だしjpドメインのWhois照会した情報から個人情報を全て隠すためにドメイン移管したときの記録。

jpドメインの登録者情報を非表示設定できるエックスドメイン

エックスドメインの下のマニュアルにjpドメインの登録者情報非表示設定を行える手順が明記されている。

Whois登録情報設定手順|格安ドメイン取得【エックスドメイン】
ドメイン取得サービス「エックスドメイン」のご利用マニュアル|エックスドメインで管理中のドメイン名について、Whois情報を変更する手順や、Whois代理公開サービスを利用するための手順について記載しています。

調べてみると、この設定を有効にしてWhois照会すると、登録者名が下のような感じで表示されるらしい。

[登録者名] (登録者からの申請により非表示)
詳細は→https://jprs.jp/about/dom-rule/whois-concealment
[Registrant]  (Not displayed by registrant’s request)
For details -> https://jprs.jp/about/dom-rule/whois-concealment/(only in Japanese)

これと Whois代理公開設定を有効にすることで、Whois照会結果に個人情報が載らなくなる。

載らなくなるけど、情報開示請求とかあったら開示されるらしい。

ので、ドメイン名から簡単には個人情報を取得できなくなるけど、手間を掛ければ登録者情報くらいは取得できるってことですね。

お名前.comからエックスドメインへjpドメインを移管

エックスドメインへの移管費用

移管申請を行うエックスドメインへ支払います。

移管元のお名前.comへの支払いはありません。

エックスドメイン側のjpドメイン移管費用は、税込み3,045円 (2019/07現在) 。

お名前.comのjpドメイン更新費用が税込み3,067円(2019/07現在)なので更新するよりも若干安い。

ドメイン価格一覧 |【エックスドメイン】ドメイン取得 30円(税抜)から
エックスドメインでドメインを取得、移管、更新する際の料金一覧ページです。
ドメイン更新料金|ドメイン取るならお名前.com
現在(2019年時点)のドメインの更新料金一覧です。580種類以上の取扱いドメインごとの更新料金を確認することができます。

移管によるドメイン有効期限延長

移管をするとドメインの有効期限が1年加算されます。

エックスドメインのマニュアルとかに明記が見つかりませんでしたが、有効期限19年だったドメインを移管したら20年に更新されていました。

なので、更新費用とほとんど同額で移管できるってことですね。

お名前.com(移管元)の設定変更

移管元となるお名前.comの下のページに、移管する際の注意事項が記載されている。

【ドメイン】お名前.comから他の登録業者へ移管する方法は?|ヘルプサポート | ドメイン取るならお名前.com
国内最大級のドメイン登録サービス「お名前.com」のヘルプページでは、ドメインやサーバーのご利用方法について、よくあるご質問・ご利用ガイドをご案内しております。

jpドメインを移管する際の注意事項の中でやらなきゃいけないのが、Whois情報公開代行設定の解除。

Whoisの情報にあるメールアドレス宛に確認のメールを送るので、 Whois情報公開代行設定の解除が必要らしい。

ということは、移管作業中はWhois照会結果に個人情報が公開されてしまうことになる。

個人情報隠したいのに、公開しなきゃいけない。

なんだかなー。

エックスドメインへの移管手順

エックスドメインへの移管手順は、下のページに詳しく記載されている。

ドメイン移管申請(co.jp/ne.jpなど.jpのドメイン)|格安ドメイン取得【エックスドメイン】
ドメイン取得サービス「エックスドメイン」のご利用マニュアル|ドメインの移管に関するご案内です。

移管元はどこでも手順は同じらしい。

ただ、ドメインの移管には注意事項がいくつかある。

注意事項も上のページに記載されている。

以下、実際に手順に沿ってやった感想。

移管ドメインの入力

エックスドメインの会員ではなかったので、下のページで移管するドメイン名を入力。

ドメインのご利用お申し込み | 格安ドメイン取得【エックスドメイン】
「エックスドメイン」の新規お申し込みページです。「1)空きドメインの検索」→「2)ログイン・会員登録」→「3)お支払い情報の入力」→「4)内容の確認・規約への同意」の4ステップで簡単にドメインを取得できます!

会員情報の登録・ログイン

画面に表示されるがままに入力。

お支払い情報の入力

ここも画面に表示されるがままに入力。

内容の確認・規約への同意

同意!

移管の承認作業

はい。

承認作業。

支払いを行ったのが2019年7月14日の16時頃。

確認メールが届いたのが 2019年7月14日の17時頃。

ただ、この確認メールがゴミ箱直行メールとなってしまって気づけなかった。

気づかないままで放っておいたら、2019年7月22日の10時頃に「 トランスファー申請不承認のご連絡 」というメールと、「ドメイン移管未完了のお知らせ」というメールが届いて気づく。

再申請方法はメールに記載されている。

ログインしたあとに対象のドメインに移管申請ボタンが表示されるようになっているので、ボタンを押すだけ。

再申請の費用はかかりません(1回目は。2回目以降はわからない)。

で、再申請したのが2019年7月22日の22時頃。

確認のメールが来たのが同日23時頃。

今度はちゃんとメール内の確認URLをクリック。

2019年7月23日の23時頃にお名前.comからトランスファー申請承認のご連絡が届く。

エックスドメインからは2019年7月24日の10時頃に移管完了メールが届き 、移管終了。

時系列順にまとめると、こんな感じ。

日時FROMメールタイトル備考
7/14 16時支払い。
7/14 16時support@xserver.ne.jp【Xserver】ご利用料金お支払い確認のお知らせ
7/14 17時admin@onamae.com【重要】トランスファー申請に関する確認のご連絡
7/21 17時admin@onamae.com トランスファー申請不承認のご連絡
7/22 10時support@xserver.ne.jp【Xdomain】ドメイン移管未完了のお知らせここで気づく。
7/22 23時admin@onamae.com 【重要】トランスファー申請に関する確認のご連絡再申請。
7/23 22時admin@onamae.comトランスファー申請承認のご連絡
7/24 10時support@xserver.ne.jp【Xdomain】ドメイン移管完了のお知
らせ
移管完了。

エックスドメインで登録者情報非表示設定

エックスドメインでは最初からWhois情報公開代行の設定が有効だったので、こちらは変更しない。

登録者情報非表示設定は無効の状態だったので有効に変更する。

具体的な手順はこちら。

Whois登録情報設定手順|格安ドメイン取得【エックスドメイン】
ドメイン取得サービス「エックスドメイン」のご利用マニュアル|エックスドメインで管理中のドメイン名について、Whois情報を変更する手順や、Whois代理公開サービスを利用するための手順について記載しています。

登録者情報非表示設定を有効にしたけど、1日経ってもWhois照会が変わらない。

変わらないので、サポートに問い合わせてみると下の回答をいただく。

当サポート側でドメインパネル上からの再設定を試しましたところ、登録者名の非表示が反映されました。

なんかエックスドメインのサポートの回答早いし、対応も早いしでなかなか好印象。

サーバも切り替えようかしらん。

で、回答が来たので試してみるとちゃんと変わってる!

ようやくjpドメインのWhois照会で個人情報がすべて非表示化。

まとめ

移管先をあんまり調べてなくて一番最初に見つけたエックスドメインに決めちゃったり、確認メール見落としたりといろいろありましたが無事完了。

まとめるとこんな感じ。

ドメイン移管費用

更新費用と大差なし(今回は更新費用より安かった)。

移管したドメインの有効期限

1年延長されました。

ドメイン移管に掛かる日数

すんなり行って3~4日かと思います。

僕の場合は確認メールを見落として10日くらい掛かりました。

いつどんなメールがくるか事前にわかると良いけど。

コメント

タイトルとURLをコピーしました