日本通信から楽天モバイルへのMNP

スポンサーリンク
楽天モバイルから届くsim ガジェット
楽天モバイルから届くsim

前まで使ってた「Zenfone2」が壊れたので、新しいスマホに交換。

新しいスマホが「MEIIGOO M1」。

「Zenfone2」がmicro sim。

「MEIIGOO M1」がnano sim。

simのサイズが違う。

切っちゃえばいいんだけどどーせならもちょっと安いMVNOにしたい。

今までは日本通信。

で、ポイント目当てに楽天モバイルに変えたときのMNP手順の記録。

楽天モバイルにMNPした理由

価格とポイントと電話番号の切り替えのタイミングを好きに選べる所。

電話番号の切り替えのタイミングを自分で選べるので、電話番号が使えない状態が短くて済む。

楽天モバイル開通受付センターっていう所に電話して初めてMNPが始まるみたい。

なので、楽天モバイルからsimが届いたあと、旧simで楽天モバイル開通受付センターに電話して初めて切り替えの処理が行われるっぽい。

楽天モバイルにMNPした時の手順を時系列順に

MNPの大まかな手順はこちらを参照。

MNP

実際に、下な感じの手順でやりました。

2017年10月22日 日本通信にMNP予約申し込み

MNPの予約番号はすぐには発行されませんでした。

申し込み受領メールを貰う。

2017年10月23日 日本通信がMNP予約受付

翌日、MNP予約が受付されましたメールを貰う。

このメールの中にMNP予約番号と有効期間が記載されている。

2017年10月23日 楽天モバイル申し込み

MNP予約番号を使って楽天モバイルにMNPの申し込み。

今押してるっぽい「楽天モバイル スーパーホーダイ 」じゃなくて組み合わせプランの通話sim。

3.1Gの1,600円。

それにスマート留守電オプションの290円。

料金ページ

電話しない。ネットしないプラン。

で、simは土曜日に日付指定受取を設定。

2017年10月23日 楽天モバイルへ本人確認書類提出

申し込みが終わると、本人確認書類の提出メールが来ます。

免許証(両面)を写真撮って、メールに書いてある所にアップロード。

2017年10月24日 楽天モバイルから本人確認書類の確認連絡

本人確認書類を提出した翌日には、書類の確認結果の連絡が来ました。

このメールの後、最短2日でsimが発送されるとのこと。

2017年10月26日 楽天モバイルからsim発送連絡

本人確認書類の確認メールから2日後、sim発送連絡。

2017年10月28日 sim受領と開通確認

だいたい9時頃simを受領。

楽天モバイルから届くsim
楽天モバイルから届くsim

10時頃に楽天モバイル開通受付センターに今まで使ってるsimで電話。

音声案内に従って開通手続き。

その後、すぐには切り替わりません。

なので、携帯には旧simのまま。

そのうち、携帯が何も繋がらなくなります。

大体14時ころ、繋がらなくなりました。

なので、simの差し替え。

で、ネットやメール、177に電話してみたりして開通を確認。

ざっと、こんな流れ。

このあとは、スマート留守電 の設定メールやアンケートメールが楽天モバイルから来たり、日本通信からMNP転出手数料(3,240円)の通知が来たり、日本通信から解約の通知が来たりで、一通りのMNPは終了。

まとめ

通話品質とか、電波状況とかはまだよくわかりません。

MNPの手順は簡単。

で、不通期間が短くてありがたい。

でも、せっかくsimを切り替えましたが、「MEIIGOO M1」は初期不要で返品となりました。

MNPした意味が、、、

なので、もうほぼ死んでる「Zenfone2」にsim変換アダプタを噛ませて使ってるという、わけわからん状態。

本末転倒。

mobee Nano SIM MicroSIM 変換アダプタ 3点セット ホワイト For iPhone 5 4S 4 ナノシム→SIMカードorMicroSIM MicroSIM→SIMカード
桜木
¥143(2020/08/23 16:38時点)
NanoSIMからMicroSIM、NanoSIMからSIMカード、MicroSIMからSIMカードに変換するアダプタです。

↑で変換かまして使ってます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました