出産、育児に関わる補助と税金と保険料の一覧。

スポンサーリンク
baby shoes ライフ
baby shoes

前提条件

いろんな補助があって、いろんな条件ごとに補助の内容が異なってくる。

なので、一定条件で各補助がどのくらいになるかを一覧化する。

条件は以下の内容

  • 子供は1人
  • 共働き
  • 母は出産後も働く予定
  • 母はの収入は大体26万円

出産、育児の補助の一覧

項目金額申請時期入金時期備考
妊婦健診費用助成14回分の妊婦健診受診票妊娠が確定したら無しチケット形式で貰う。
出産育児一時金42万円入院前に直接支払制度を産院に伝える無し直接支払い制度の場合、精算時に減額されている。
高額療養費約1万円 入院時に健康保険限度額適用認定証を渡す 無し 健康保険限度額適用認定証を使用した場合、精算時に減額されている。
出産手当金約56万円出産後57日目以降申請後1~2ヶ月産院の証明が必要。
育児休業給付金約158万円入院前(育休申請)育休開始後2~3ヶ月勤務先に育休申請するとやってくれる。
児童手当200万円生まれたら2月、6月、10月子供が中学卒業まで。
医療費控除約1万円確定申告申告後1ヶ月後医療費15万円でざっくり計算。

全部ひっくるめて概算すると、大体450万円になる。

高額療養費について調べた記事

出産手当金について調べた記事

出産育児一時金について調べた記事

出産、育児中の各種保険料と税金の一覧

項目概要備考
所得税免除年収が103万以下の年の年末調整で控除あり。
住民税払う納付書が送られてきて、個人で払う。
健康保険料、厚生年金保険料 免除産休申請、育休申請でOK。
雇用保険料免除給与が無いので発生しない。

税金、保険でやることは主に2つ。

住民税だけはフルで支払うので要注意。

所得税は103万円以下になったら、年末調整で扶養に入れて還付金を貰う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました